ライザップ(RIZAP)のデメリット

ライザップ(RIZAP)のデメリット

ほとんどの人が減量や肉体改造を成功させているライザップ(RIZAP)ですが、中にはシステムにデメリットを感じる人もいるようです。

 

通う人には様々な事情があるでしょうから、多少のデメリットがあるのは仕方ありませんね。そこで、ここではデメリットになり得る項目を見てみましょう。

 

まず挙げられるのが、ライザップ(RIZAP)に通う費用です。決して安価なトレーニングジムではありませんから、それなりに費用がかかります。

 

それを安いと思うか高いと思うかは、個人によって感じ方が異なるでしょう。数十万円の費用がトータルでかかることを覚悟しておいて、自分の予算と検討してみてください。しっかり通えば成功率が高いライザップ(RIZAP)ですから、費用対効果は良いと考えている人も多いですよ。

 

ライザップ(RIZAP)では、専属トレーナーがついて食事制限も徹底管理してくれます。プラスしてトレーニングで筋肉をきたえるのが、ライザップ(RIZAP)のシステムです。これを自力でやろうと思うと、よほどの意志力がないと目標に達成できません。

 

そのとき、家で何か器具を購入してみたり、ダイエット食品を購入してみたりするならば、ライザップ(RIZAP)の費用と比較してみてどちらが成功率が高いかと考えてみるとよいでしょう。

 

ライザップ(RIZAP)の場合は分割払いもできますから、先々に無理をしない範囲であれば高額な費用もデメリットではなくなるかもしれません。

 

ライザップ(RIZAP)でのトレーニングや食事制限に関する我慢を、デメリットと感じる人もいるかもしれません。それまでは体験したことのないトレーニングを続ければ、最初は体に無理が出て筋肉痛などになります。

 

でも、専属トレーナーに従ってトレーニングを続けていけば、それが快感になってくる日は近いでしょう。食事制限も、管理してくれる人がいるのといないのとでどちらが自分向きかを考えてみてください。